2013年2月27日水曜日

週末スイーツ

週末になるとシェフがスイーツを作ってくれる
先週はフランボワーズのレアチーズケーキ
 娘はチーズケーキより
フランボワーズのほうがお好きのご様子
 フランボワースを前にご機嫌だ
 続いて色々なベリーのタルト
ブラックベリー
ラズベリー
ブルーベリー
 ラズベリーとクリーム添え
我が家の週末は必ず手作りのスイーツがある
何て幸せなんだろう

2013年2月16日土曜日

ValentineDinner

今年のヴァレンタインは
シェフにスペシャルディナーを作って頂いた
シーザーサラダに
レンズ豆のスープ
メインは黒毛和牛A5ランクのシャトーブリアン
牛一頭から採れる割合はわずか3%、貴重な部位だ
肉もさることながら
シェフの絶妙な焼き加減には、いつもしびれる!
至福の時間のはじまり

付け合わせはインカの目覚めと
ガーリックライス
ワインもすすむくん
お待ちかねのデザートはオペラ
ビスキュイ・ジョコンド、ガナッシュ、コーヒークリームが
層になっていて、とても手のこんだデザート
娘も初めて食べるオペラにご機嫌の様子だった
シェフ今年もご馳走様でした

2013年2月11日月曜日

結婚記念日

4回目の結婚記念日
アンティパストはプロシュートとコッパ
プティサラダ
パンは焼きたてのフォカッチャ
プリモピアットは
鱈の白子のムニエル、レモンとケイパーのソース
とろける白子がたまらない
セコンドピアットはかさごのアクアパッツァ
フライパンで仲良く二人分のかさごが調理されている
アクアパッツァとは奇妙な水という意味だそうだ
かさごを、水と塩で調理する
ブイヨンなどの出汁や、お酒を使っていない
味付けは魚介の旨味だけ
余計な調味料を使っていないので
かさごの香りを十分に堪能出来る
娘も大喜びで食べていた
普段の三倍は食べていた気がする
お気に入りのバカラのシャンパンフルートで乾杯
ママは一口だけね
デザートはフレジエ
今月の料理教室のメニューにも使っている
来年は4人でお祝いだ
賑やかで楽しそう

2013年2月2日土曜日

1月の料理教室

2013年最初の料理教室は
イタリアンでバレンタイン
手打ちパスタに挑戦!
オードブルは鯛のカルパッチョ
シュールージュのマリネとともに
鯛のフィレの薄切りにシュー・ルージュが透けて美しい
バレンタインにピッタリのセクシーなオードブルだ
バーニャカウダ
好みの野菜を盛り合わせるといい
今回のソースは少しマイルドなレシピになっている
手打ちパスタの特製カルボナーラ
カルボナーラとはイタリア語で炭焼き職人のこと
その昔、炭焼き職人がパスタを食べる時に、手に付いた炭の粉が落ちて
黒い点々が出来たことから、黒こしょうをたっぷりかけたこのパスタを
カルボナーラと呼ぶようになったと言われている

生クリームを一切入れない、卵とパルミジャーノ・レッジャーノで仕上げるソースは
穏やかな卵の優しい味に満ちた、飽きのこない一品
私はシェフのパスタを食べると幸せな気分になれる
カチャトーラ(狩人風鶏の煮込み) 、トスカーナの定番メニュー
シェフの料理教室には、小さなお子様を連れて参加される
熱心なママもいる、そんなお子様達にも大変好評だった
簡単なので是非レパートリーに入れておきたい
彩りもよく、おもてなしにもいいだろう
パスタや、バターライスを添えれば、お洒落なカフェ飯の出来上がりだ
デザートは、温かいチョコレートケーキ
小麦粉を使っていないので、軽い仕上がりになっている
パスタなど粉ものの後でも、重くなりすぎずにペロリと食べられる香り高い一品だ
温かいスイーツは手作りならでは
チョコレートもしっかり入っているので濃厚な味わいになっている
大人のロマンティックなバレンタインにピッタリだろう