2012年1月25日水曜日

牡蠣祭り

魚幸で大好物の牡蠣が安かったので1kg買ってきた。
今年は牡蠣が高いと聞いていたので、これで¥1,500はお値打ちだ。
さて、シェフに何を作って頂こうか、実に悩ましい。


冷える一日だったので、先ず初日は牡蠣鍋にした。



お節で牡蠣の味噌漬けに使った、味噌を使うことにした。
牡蠣のエキスがたっぷり染みており、旨いに違いない。


牡蠣はあまり煮すぎると、固く縮まってしまう、
鍋奉行の腕の見せ所だ。




ぷりっとしていて美味しそう。


締めはシェフにうどんを打ってもらった。


牡蠣エキスたっぷりの味噌煮込みうどん。
手打ちうどんは、コシがあって旨い。
うどんが食べたいと言うと、すぐに打ってくれる。
シェフには毎度のことながら、頭が下がる。


味噌と卵が、絶妙だ。


2日目は牡蠣の香草パン粉焼き


副菜にシュー・ファルシ
2月の料理教室の試作だそうだ、春らしくて可愛いらしい一品だ。


3日目は牡蠣と椎茸のポアレ、ジャガイモのピュレ添え
シェリービネガーソース。
これは実に新鮮な味だ、教室にいらしてる方にも是非食べて頂きたい。
メニューに加えてもらえるよう、シェフにリクエストしておいた。


自家製スモークサーモンとの相性もいい。


4日目は牡蠣とキャベツたっぷり、優しい味のスープだ。


自家製パンに


トレビスと生ハムのサラダと


海老、ロマネスコ、カブの温製サラダ
ロマネスコは初めて食べるが、実に奇妙な形だ。
味はカリフラワーとブロッコリーを、足して2で割った感じ?


5日目は牡蠣のソテー、トマトのソース


生ハムとパルミジャーノ・レッジャーノ、ルッコラ、トレビスのサラダ。
生ハムとパルミジャーノの組み合わせがたまらない。


自家製パン
粉は”春よ恋”を使用。


メインはこれまた大好物のサルティンボッカ

どれだけ牡蠣が好きなんだよ、飽きないの?
と思われるかもしれない。
でも、毎日シェフがあの手この手で私を楽しませてくれるのだから
飽きる訳がない。