2012年1月17日火曜日

すき焼き

今晩のまりこ食堂は、すき焼きだ。
最近、南部鉄器の鉄鍋を手に入れたので、早速使ってみることにした。


国産黒毛和牛でも、切り落としなら家計にも優しく気軽に楽しめる。
冷蔵ケースに並んでいるトレーの肉は全て同じではない、
サシをよく吟味して選べば、切り落としでも十分に美味しく頂ける。
目利きが大事だ、是非実践してほしい。

ザクには定番の葱、椎茸、焼き豆腐、しらたき、そして私の好きな芹に舞茸。
全て冷蔵庫に普段からあるものばかりだ、手軽でいい。


砂糖、醤油、割り下。
せっかく鉄鍋を使うのだから、今回は関西風で頂くことにした。


先ずは鉄鍋で牛肉を焼いていく。
すき焼きと餃子は鉄鍋に限る。


焼けた肉の上から砂糖をのせ、醤油、割り下で味付けし、焼き上げる。
香ばしい香りが食欲をそそる。






溶き卵にくぐらせ、これをいただく。
うまい! 
ワインもすすむくんだ。


続いて、ザクも焼いていく、これを交互に繰り返し、楽しむ。


仕上げは芹とうどん。
割り下を入れ、牛肉の旨味が凝縮された汁をたっぷり染み込ませて頂く。
これが旨い!


本日も美味しく頂きました。