2011年4月21日木曜日

焼きたてパンのある幸せ

私にとって、焼きたてパンの香りで目覚める朝は至福の時です。
本日はシェフの手作りパンを紹介します。

水分多め、丸めず切りっぱなしで仕上げたリュスティック。
粉は風味豊かな岩手産の『ゆきちから小麦』の一本挽き。

小麦を丸ごと挽いた全粒粉パン、香りがよく風味が豊か。
粉は岩手県産『南部小麦』を粗く挽いた風味豊かな全粒粉。

イングリッシュスコーン、生地の発酵や、休ませる必要がないので
朝食にもお手軽。

クロワッサン、私のお腹周りを気にするシェフがバター控え目で
焼き上げました、発酵バターを使用しているので風味豊か。

朝食向けにシンプルな山形食パンを焼きました。

シェフの実家、伊豆で穫れた甘夏を使ってマーマレードを作りました。
大きな銅鍋でグツグツ煮ています。

美味しそう。
はい、出来上がり。

マーマレード、苺ジャム、バナナジャム、様々なナッツの蜂蜜付け
全て手作りです。

2011年4月15日金曜日

本日のまりこ食堂は、赤ワインがすすむ君。


まずはワインを一杯。

サラダは、春野菜にポーチドエッグをからめて。

シェリービネガー風味のキノコのマリネ。

私はシェフのパンが大好きです。
パンは北海道産の粉、キタノカオリを使用。

メインディッシュは牛頬肉のシチュー、グリーンピース入り
バターライス添え。
私の頬もトロけます。

ミント香るスープ・ド・フリュイ、自家製バニラアイスクリーム添え。
本日も美味しく頂きました。

2011年4月10日日曜日

春のスイーツ

春はスイーツの季節! シェフも作りたくなるデザートがいっぱいで大忙し。
2月から4月までに私をトロけさせたスイーツを紹介します。

今年のバレンタインはチョコレートケーキの中でも、苺をたっぷりと
加えた軽い仕上がりにしました。 苺までハートなケーキです。

サックサックのパータ・フォンセにオレンジの香りのクレーム・ダマンド。
その上にバニラビーンズたっぷりのクレーム・パテシエール、苺のせ。
         私これ↓をホール食いしちゃいました。

みんな大好き!組み合わせの定番、苺&カスタード、バナナ&チョコレート。

春らしいフンワリとした苺のシャルロット。
         ワタシこれも↓ホール食いしちゃいました。 

さくらの季節には食べたいさくら餅、シェフは和菓子も得意です。

アンコを作りすぎたので、大福。

アンコを作りすぎたので、苺大福も。

チョコレートムースに甘酸っぱい苺を添えて。

超さわやか! レモンメレンゲパイ!
         もちろん、これも↓ホール食い

ふんわり優しい酸味のヨーグルトムース。

さくらクッキー&さくら葉クッキー。

ドッシリとしたチョコレートムースを挟んだケーキ。

さくらのフォカッチャ。

自家製バニラアイスクリーム、バニラビーンズたっぷり。

カワイイさくらのマカロン、さくら葉クリームをサンドしました。
ピンクとグリーンのコントラストが春っぽい。

さくらアンパン。

さくら葉メロンパン。

フルーツ白玉あんみつ抹茶アイス添え。
もちろん、アイスも黒蜜もシェフの手作りです。

ミント香る、スープ・ド・フリュイ。

さくらの花のフルフルゼリー。
そう、春はスイーツの季節・・・
お腹周りが気になります・・・

2011年4月3日日曜日

本日はスペイン食堂

パン・コン・トマテを作るためバケットを焼きました。
今回は北海道産のキタノカオリという小麦粉を使ってます。
食材の数々
スペイン料理といえばやはりサングリア!
お腹に赤ちゃんのいるシェフはジュースで我慢してくださいね。
前菜はヤリイカのカルパッチョ、バルサミコソーススープはガスパチョ続いてトルティーリャ スペインでは定番のオムレツです。
スペインではこれが上手に焼けるといいお嫁さんになれるそうです。
続いてマッシュルームのセコビア風。
お酒がすすみます。
そしてパン・コン・トマテサラダはレタスにレモンドレッシングでシンプルに。そしていよいよメインのパエリャ
海老を強火でサッと焼いて香ばしい香りを出します。
豚肉と鶏手羽で動物系の旨味を加えます。
続いて米を加えて炒めます。
シェフ特性のフュメ・ド・ポワソンにサフランを加え、注ぎ入れます。
鯛とヒラメで作った濃厚な旨味のスープです。
具材を彩りよく乗せていきます。
彩りよく出来ました。 魚介とサフランのいい香りが食欲をそそります。
今日のまりこ食堂はスペインバル!
呑むぞ〜
では、いただきま〜す。