2011年7月5日火曜日

Grazie papa

子育てに託つけて、めっきり投稿をさぼっていました。
大分たちましたが、父の日の晩ご飯の記事です。
わたしにとっては初めての父の日、シェフに大好きな
イタリアンを作ってもらいました。















本日のメニュー用に、先ずはテラス菜園でハーブを収穫です。
















































アペリティフは自家栽培のミントでモヒート。

















紫陽花に見立てた、紫キャベツのサラダ。

















自家製プチトマトと、バジルでカプレーゼ。
採取したてのフレッシュハーブは香りが最高。




























24ヶ月熟成のミモレット、ワインがすすみます。















































































オリーブに、生ハムメロン、更にワインがすすみます。








シェフの作るバゲットは本当に美味しいです。

















ゴルゴンゾーラのニョッキ。
残ったゴルゴンゾーラソースに、バゲットを絡めれば
もうワインが止まりません!















メインは、私の大好物サルティンボッカ、本当は仔牛を使いますが、さすがに
近所では手に入らないので今回は豚のロースで代用しました。
肉と生ハムの間にセージを挟み、ソースにもセージの花を散らしてみました。

















































ドルテェは、マスカルポーネたっぷりのティラミス、
そしてエスプレッソでしめます。
シェフ、今日もごちそうさまでした。